オーディオのイシノラボ・ドットネット オーディオ機器の通販・修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルオーディオアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  店長のブログ  >  MASTERS BA-225FB/MOSyFB
一言ご紹介
【MASTERSブランド】
BA-999ZBG/B
BA-999ZBG/B
小型ながら、高音質、高品質なプリメインアンプ!
人気記事リスト
  1. 最近修理したサンスイアンプについて
    2012年1月12日(木)
  2. すぐれたロータリースイッチの存在でMASTERSパッシブプリアンプが成立している
    2013年4月6日(土)
  3. 1978年製“サンスイ AU-707”の修理
    2016年10月16日(日)
  4. オーディオアンプの修理の傾向
    2020年4月5日(日)
  5. トランス式アッテネータ・パッシブプリアンプ MASTERS ATT-900シリーズ
    2010年7月18日(日)
  6. 我が家のオーディオ装置から、やっといい音が出る!!
    2011年1月16日(日)
  7. オーディオを節電しつつ楽しむには
    2011年3月21日(月)
  8. NFBアンプを考えてみよう!
    2013年12月25日(水)
  9. バッテリー電源に使うバッテリーを充電するには!?
    2010年4月6日(火)
  10. 昨今のビンテージ真空管事情
    2011年11月19日(土)
  11. パッシブ・プリアンプで体験したこと
    2010年12月31日(金)
  12. 弊社製品の安さの理由とオーディオ機器の価値
    2011年2月12日(土)
  13. 新開発!Zバランス回路(Xバランス回路の改良版)!
    2012年8月12日(日)
  14. 高能率スピーカに最適のアンプとは?
    2012年5月14日(月)
  15. アンプの進歩を導いたJBL SA600アンプ回路をベースに創ってみた
    2018年11月24日(土)
  16. 日立(現ルネサス)高性能MOSFETによるZバランスアンプ
    2015年9月9日(水)
  17. 新開発の真空管整流電源によるトランジスタ・フォノEQアンプ
    2012年1月19日(木)
  18. カスタムアンプ“MASTERS CA-999FB/super A custom”のユーザー様からのレポート
    2011年6月4日(土)
  19. 評価の高いプリメインアンプ“MASTERS AU-880L”
    2011年6月26日(日)
  20. 究極のリアルサウンドが聴けるか!マスターズのパッシブ・プリアンプ
    2010年10月23日(土)
  21. 真空管アンプによるフルバランスシステム 試聴報告
    2008年10月7日(火)
  22. MCトランス“MASTERS MC-203”の優美なサウンド
    2013年7月3日(水)
  23. 真空管パワーアンプ 6AS7Gppアンプ製作
    2010年7月8日(木)
  24. 300Bを4本採用したフルバランス・プリアンプのカスタム製作
    2008年9月28日(日)
  25. マッチングトランス、その新接続方法によるパフォーマンス
    2013年6月2日(日)
  26. ホーンシステム・ユーザーさんに有益な情報!
    2010年5月22日(土)
  27. “MASTERS BA-225FB/MOSy”誕生!
    2008年5月6日(火)
  28. ビンテージ管45(直熱3極管)搭載プリアンプ“MASTERS CA-45S CUSTOM”の更なる改善
    2010年9月26日(日)
  29. トランス式パッシブプリアンプ“MASERS CA-999FBS”を納入致しました!
    2011年9月7日(水)
  30. バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中
    2010年8月18日(水)
  カテゴリー ‘MASTERS BA-225FB/MOSyFB’ のアーカイブ
店長が日々感じたことを、オーディオエッセイ風に綴ります。開発日誌、コラムなど、様々な内容を情報発信しています。

ブログのホーム


バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中

こう暑い日々が続くと、なかなかオーディオサウンドを聴く気にならない方も少なくないと思います。まして、ヒーターが輝く真空管アンプは、涼しくなるまで封印といわれる方もおられるでしょう。

私も、このところは、ずっと半導体アンプで聴いています。

水戸市のM様に続き、千葉市のY様から、バッテリードライブ・アンプのオーダーをいただいて、製作しています。バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”がそれです。

ところで、MJ誌でアクティブな健筆をふるう、“金田アンプ”で人気の高い、金田明彦氏は、最新刊のMJ8,9月号で、“バッテリードライブDCパワーアンプ”製作記事を掲載されています。

その出来上がり試聴記を拝見すると、思わず“私も同感!!”といいたくなる言葉が記されています。

一端を紹介しますと、“AC100V電源アンプと比べ、“驚き、興奮、感激が湧き上がる!”,“音の鮮度が極めて高い、生の音に最も近い!”というような、私が感じていることを代弁されているかのように錯覚するほどです。その他、“特に、固有な響きを感じることなく、音楽、そのものを聴く感じです。”,“音楽の持つ瞬発力を改めて聴き入ってしまいます。”“情報量が極めて多く、今まで聴こえなかった音がリアルに聴こえる。”等々です。

バッテリードライブアンプは、100V用電源ケーブル,電源機器,振動防止器などのオーディオ・アクセサリーはまったく必要とせず、また、特に高価なスピーカケーブルも必要としないでしょう。事実、私は¥300/mの普通のSPケーブルで聴いています。

マスターズのアンプならば、リーズナブルな価格で揃えられます。また、ご希望に応じて、バッテリー電源パックの製作(写真参照)と安価な充電器(¥2,000程度で買えます)の用意もあります。

バッテリーバックは、写真に示しますようにバッテリー電圧をモニターできますので、12Vを切ったあたりで充電すればよろしいです。普通の聴き方ならば、7日~10日に1回でよろしいでしょう。このバッテリーパックには、7Ahの12V鉛バッテリーが2個入っています。充電はフロントにある充電端子から行えます。価格は¥2万程度です。

また、このバッテリードライブアンプ(写真参照)はフルブリッジ構成なので、18Wx2のパワーが出ます。
また、14.5Vのリチウムバッテリーを入手できる方ならば、25W×2とパワーアップします。

私だけがバッテリードライブ・アンプのサウンドを自己陶酔で語っていたかも知れないと危惧していたのですが、今回の金田明彦氏の記事からも、私の一人よがりではないことがお分かりいただけたと思います。低効率スピーカを大音量で聴く方には不向きですが、20W近くのパワーならばパワー不足はありません。

暑い日が続きますが、さわやかで、超リアルなサウンドを楽しむのもオーディオの醍醐味です。

MASTERS BA-225FB/MOSyFB

MASTERS BA-225FB/MOSyFB

MASTERS BA-225FB/MOSyFB


ブログのホーム


Copyright © 2003-2024 ISHINO LAB. © 2003-2024 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Microsoft Edge