オーディオのイシノラボ・ドットネット オーディオ機器の通販・修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルオーディオアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  店長のブログ  >  MASTERS BA-999FB/MOSM
一言ご紹介
【MASTERSブランド】
AU-900XG/B
AU-900XG/B
“Xカレント回路”搭載!
バッテリー電源/通常電源でも聴けるプリメインアンプ!
人気記事リスト
  1. 最近修理したサンスイアンプについて
    2012年1月12日(木)
  2. すぐれたロータリースイッチの存在でMASTERSパッシブプリアンプが成立している
    2013年4月6日(土)
  3. 1978年製“サンスイ AU-707”の修理
    2016年10月16日(日)
  4. オーディオアンプの修理の傾向
    2020年4月5日(日)
  5. トランス式アッテネータ・パッシブプリアンプ MASTERS ATT-900シリーズ
    2010年7月18日(日)
  6. 我が家のオーディオ装置から、やっといい音が出る!!
    2011年1月16日(日)
  7. オーディオを節電しつつ楽しむには
    2011年3月21日(月)
  8. NFBアンプを考えてみよう!
    2013年12月25日(水)
  9. バッテリー電源に使うバッテリーを充電するには!?
    2010年4月6日(火)
  10. 昨今のビンテージ真空管事情
    2011年11月19日(土)
  11. パッシブ・プリアンプで体験したこと
    2010年12月31日(金)
  12. 弊社製品の安さの理由とオーディオ機器の価値
    2011年2月12日(土)
  13. 新開発!Zバランス回路(Xバランス回路の改良版)!
    2012年8月12日(日)
  14. 高能率スピーカに最適のアンプとは?
    2012年5月14日(月)
  15. アンプの進歩を導いたJBL SA600アンプ回路をベースに創ってみた
    2018年11月24日(土)
  16. 日立(現ルネサス)高性能MOSFETによるZバランスアンプ
    2015年9月9日(水)
  17. 新開発の真空管整流電源によるトランジスタ・フォノEQアンプ
    2012年1月19日(木)
  18. カスタムアンプ“MASTERS CA-999FB/super A custom”のユーザー様からのレポート
    2011年6月4日(土)
  19. 評価の高いプリメインアンプ“MASTERS AU-880L”
    2011年6月26日(日)
  20. 究極のリアルサウンドが聴けるか!マスターズのパッシブ・プリアンプ
    2010年10月23日(土)
  21. 真空管アンプによるフルバランスシステム 試聴報告
    2008年10月7日(火)
  22. MCトランス“MASTERS MC-203”の優美なサウンド
    2013年7月3日(水)
  23. 真空管パワーアンプ 6AS7Gppアンプ製作
    2010年7月8日(木)
  24. 300Bを4本採用したフルバランス・プリアンプのカスタム製作
    2008年9月28日(日)
  25. マッチングトランス、その新接続方法によるパフォーマンス
    2013年6月2日(日)
  26. ホーンシステム・ユーザーさんに有益な情報!
    2010年5月22日(土)
  27. “MASTERS BA-225FB/MOSy”誕生!
    2008年5月6日(火)
  28. ビンテージ管45(直熱3極管)搭載プリアンプ“MASTERS CA-45S CUSTOM”の更なる改善
    2010年9月26日(日)
  29. トランス式パッシブプリアンプ“MASERS CA-999FBS”を納入致しました!
    2011年9月7日(水)
  30. バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中
    2010年8月18日(水)
  カテゴリー ‘MASTERS BA-999FB/MOSM’ のアーカイブ
店長が日々感じたことを、オーディオエッセイ風に綴ります。開発日誌、コラムなど、様々な内容を情報発信しています。

ブログのホーム


バッテリドライブサウンドの魅力

前回(2009年5月5日)のブログでご紹介した、カスタムアンプ“MASTERS BA-999FB/MOSM”を納品したWさんのマンションにお伺いしました。
Wさんは、きらきら輝く相模湾を眺め富士山も仰げる湘南地区にお住まいです。カスタムアンプのバッテリーをお買いになっていただくために、秋葉原にご一緒しました。密閉型バッテリー(20A/h)を購入して、お宅に向かい、バッテリーとカスタムアンプとの接続を行いました。極性を間違うと、アンプ、バッテリー双方にダメージを与えるので、何度も確認をした上で、接続を完了しました。そして、ヒアリングです。

Wさんは秋葉のヨドバシカメラ、オーディオ売り場で、テレサ・テンのCDをご購入されました。これがなかなかのスタジオ的サウンドで、オーディオ的快感があります。

最初はAC電源で聴き続けました。すばらしく気持ちよいサウンドです。なお、WさんのスピーカシステムはALTEC 604系(最新モデル)のものです。効率は100dB以上あります。

しばらくして、電源切換スイッチをバッテリー側に倒すと、バッテリドライブサウンドになります。彼女のサウンドが、側にいるような、肉声のような感じなのです。彼女が生き返って、プライベートで、直ぐ前で唄ってくれているような味わいなのです。

何故そうなるのかは、推測の域を出ませんが、どなたにも理解いただけることとして以下のことが挙げられます。

  1. 電磁波(スイッチング電源:パソコン電源、インバータ:蛍光灯・冷蔵庫、高周波電磁波:携帯電話機電波・放送電波・その他無線通信電波)が、バッテリには入り込まないこと。
  2. 整流された直流でなく、完全な直流であること。
  3. 今回、使用したバッテリーは鉛バッテリーで、電流容量が充分大きければ、トランス電源やスイッチング電源では及ばない低内部インピーダンス特性にもよること。

短所としては、電源電圧が±12Vが標準となるので、ハイパワー対応が難しいことが挙げられます。バランス増幅アンプで20W/8Ωがくらいが限界です。また、充電に際しては、ある程度の電気的知識と充電作業が必要です。但し、おまかせ充電器(¥5万くらい)を購入すれば、この作業はほとんど軽減されます。事実、私がご存じのお2人がこの充電器を使っておられます(主なる用途はフォークリフト、電動トラクタ用とのことです)。

“やっぱりAC100V電源には、何か、ノイズ的なものがあるな!”と感じてしまったのは私だけではなかったようです。そして、バイファイラ巻きマッチングトランスを通すと、更に爽やかになります。これはパワーデバイスへの負荷が軽くなって、ひずみが少なくなり、リニアリティも向上したからだと考えます。

オーディオの趣味は非日常的な体験が貴重でもあると思います。一概に、バッテリドライブのほうが良い/悪いとは申しません。ユーザーの方の好み、これまでの体験等にも左右され、聴覚にはある意味、絶対ということがありません。ともかく、バッテリー電源アンプのサウンドは、“聴き捨てならないサウンド”であることは確かです。

そのあと、充電器の取扱等の実習を行って、自宅に戻ったのは23時過ぎとなりました。


“MASTERS BA225FB/MOS”をベースにしたモノラルパワーアンプ“BA-999FB/MOSM”

2009年も、さわやかな5月を迎えました。過ごしやすい季節とは反対に、経済不況の嵐は強烈です。何とか生活に影響を与えない範囲で、大好きなオーディオに少しは浸り、人生を明るくすべきと思っております。プラス思考でいきましょう。

MASTERSブランドでは、お客様のカスタムにお応えする製品作りもおこなっております。
昨年末、熱心なWさんからのリクエストで、BA225FB/MOSをベースにしたモノラルパワーアンプの製作依頼がありました。外観もすてきなにして欲しいとのことでした。

SANSUI AU-607の工業デザインを担当した大友氏に相談したところ、何とかやってみようということになりました。2台きりなので、フロントパネルはアクリル削り出し、レーザー加工の特注品となりました。
また、つまみも、市販品では合うものがないので、これも大友氏のデザインによるアクリル削り出しです。(つまみの特注は大変で、アルミ削り出しですと、100個以上でも、@¥5,000以上となる場合が多いのです。1000個以上オーダーすれば、数百円には落ちますが、・・・。)
ブラックにレッドラインが入って、セクシーな魅力があります。

さて、アンプの内容は、MOSFETによるフルバランス増幅構成で、電源トランスは通常の2倍のものを搭載しています。従って、パワーは30W近く出ます。
勿論、バランス入力、RCA入力に対応します。

更に、このアンプのリクエストは、当社で販売しているバイファイラー巻きのマッチングトランスを内蔵して、ローノイズと細やかなサウンドを聴けるようにスイッチ切換をできるようにしたいとのことです。元々、50μVの残留ノイズが更に1/3に下がります。パワーは3Wに下がりますが、通常の使い方ですと、問題ないパワーです。

さて、ここまでのカスタムで、外観は写真に示すように横型で格好の良いフォルムです。アンプ内にマッチングトランスが内蔵されています。

肝心のサウンドですが、パワフルで、繊細、分解能が素晴らしく、奥行き感等の再現能力はいうことなしです。加えて、マッチングトランスを通すと、浸透的なサウンドとなり、弦楽器に細やかさが更に良く認識できる感じになります。

Wさんの最後のリクエストは凄いもので、更にバッテリドライブにも対応して欲しいというものです。これは、まだ作ったことがなく、検討・実験を続けていましたが、この度、実用の形となりました。DC電源は外部からのバッテリーになります。

バッテリですと、電源電圧が±12Vに落ち、パワーが下がります。しかし、電源変動がまずないので、びくともしない電源となります。それに、商用電源からの高周波のノイズ、整流によるわずかなリップル分も皆無になるので、“本当に透明で、汚れのない”と表現するのが相応しいサウンドに浸れます。但し、バッテリと充電器の購入が別途必要で、バッテリー電圧は動作後にはチェックし、次の使用に備えて充電作業が必要です。(20時間程度は連続使用できるでしょう。)

さて、この、カスタムアンプのモデル名はBA-999FB/MOSMと名付けました。スリーナインは、私が1969年にSANSUIに入社したとき、スピーカー設計に使用した思い出のAU-999からとったものです。

ご好評を頂ければ、このシリーズの製品化も思案中です。このカスタムアンプの製作には、3ヶ月以上の納期をいただくことになってしまいましたが、やっと、嫁入りになりました。

MASTERS BA-999FB/MOSM

MASTERS BA-999FB/MOSM

MASTERS BA-999FB/MOSM

<2009年5月5日追記>
このアンプのカスタマイズをご希望の方へ
このモノラルアンプをステレオ仕様にして、製作することも可能です。その場合のパワーは28W+28W程度となります。
アクリルフロントパネルは高価ですので、価格をセーブしたい方には、スチール製のパネルを検討中です。
マッチングトランスの削除も可能です。その分、お安くできます。
興味をもたれた方は是非お問い合せください。


ブログのホーム


Copyright © 2003-2024 ISHINO LAB. © 2003-2024 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Microsoft Edge