オーディオのイシノラボ・ドットネット オーディオ機器の通販・修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルオーディオアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  店長のブログ  >  コラム
一言ご紹介
【MASTERSブランド】
CD-300M
CD-300M
クロスオーバー周波数可変方式採用!
サウンドバランス調整で挫折することのないチャンネルデバイダ!!
人気記事リスト
  1. 最近修理したサンスイアンプについて
    2012年1月12日(木)
  2. すぐれたロータリースイッチの存在でMASTERSパッシブプリアンプが成立している
    2013年4月6日(土)
  3. トランス式アッテネータ・パッシブプリアンプ MASTERS ATT-900シリーズ
    2010年7月18日(日)
  4. 我が家のオーディオ装置から、やっといい音が出る!!
    2011年1月16日(日)
  5. バッテリー電源に使うバッテリーを充電するには!?
    2010年4月6日(火)
  6. 1978年製“サンスイ AU-707”の修理
    2016年10月16日(日)
  7. パッシブ・プリアンプで体験したこと
    2010年12月31日(金)
  8. 昨今のビンテージ真空管事情
    2011年11月19日(土)
  9. 弊社製品の安さの理由とオーディオ機器の価値
    2011年2月12日(土)
  10. NFBアンプを考えてみよう!
    2013年12月25日(水)
  11. オーディオを節電しつつ楽しむには
    2011年3月21日(月)
  12. カスタムアンプ“MASTERS CA-999FB/super A custom”のユーザー様からのレポート
    2011年6月4日(土)
  13. 評価の高いプリメインアンプ“MASTERS AU-880L”
    2011年6月26日(日)
  14. 新開発の真空管整流電源によるトランジスタ・フォノEQアンプ
    2012年1月19日(木)
  15. 究極のリアルサウンドが聴けるか!マスターズのパッシブ・プリアンプ
    2010年10月23日(土)
  16. 高能率スピーカに最適のアンプとは?
    2012年5月14日(月)
  17. 真空管パワーアンプ 6AS7Gppアンプ製作
    2010年7月8日(木)
  18. 新開発!Zバランス回路(Xバランス回路の改良版)!
    2012年8月12日(日)
  19. 日立(現ルネサス)高性能MOSFETによるZバランスアンプ
    2015年9月9日(水)
  20. “MASTERS BA-225FB/MOSy”誕生!
    2008年5月6日(火)
  21. ホーンシステム・ユーザーさんに有益な情報!
    2010年5月22日(土)
  22. 300Bを4本採用したフルバランス・プリアンプのカスタム製作
    2008年9月28日(日)
  23. 真空管アンプによるフルバランスシステム 試聴報告
    2008年10月7日(火)
  24. ビンテージ管45(直熱3極管)搭載プリアンプ“MASTERS CA-45S CUSTOM”の更なる改善
    2010年9月26日(日)
  25. バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中
    2010年8月18日(水)
  26. トランス式パッシブプリアンプ“MASERS CA-999FBS”を納入致しました!
    2011年9月7日(水)
  27. MCトランス“MASTERS MC-203”の優美なサウンド
    2013年7月3日(水)
  28. バッテリードライブ・MC用バランス増幅フォノイコライザーとバッテリードライブのこと
    2011年8月13日(土)
  29. MASTERS BA-225FB/MOSのバランス増幅
    2007年4月8日(日)
  30. 特注ミニパワーアンプ“MASTERS BA-350”製作
    2010年7月8日(木)
  カテゴリー ‘コラム’ のアーカイブ
店長が日々感じたことを、オーディオエッセイ風に綴ります。開発日誌、コラムなど、様々な内容を情報発信しています。
前ページへ
ブログのホーム


フォノ回路におけるバランス伝送・バランス増幅とは

はじまり

近年、MCカートリッジの出力をバランス伝送することが提唱され、それに対応した製品が生まれています。
上記に対応した仕組みについて、記述致します。

仕組みについて

まず、【図1】に示すように、カートリッジの出力をそのまま2芯のXLRケーブル2本(L/R用)で、フォノ入力回路に導く方式です。
いわゆる、MCカートリッジのバランス伝送として、はやっているようです。

【図1】MCカートリッジのバランス伝送方式
【図1】MCカートリッジのバランス伝送方式

従来の伝送方式は一方をグランド側として、アンバランス信号として、RCA端子2本でおこなってきました。(【図2】)

【図2】MCカートリッジの従来方式:アンバランス伝送
【図2】MCカートリッジの従来方式:アンバランス伝送

この従来方式は特に問題ないと思います。フォノ回路を長く伸ばすこともないし、MCカートリッジの出力インピーダンスが低いので、特にバランス伝送する必要ないとする見方が常識とされてきました。

ところが、“バランス伝送したほうが音が良い!”というレポートがオーディオ誌に掲載されたりして、オーディオファンの気持ちを動かしたようです。

バランス伝送の具体化

MCカートリッジの巻線にはグランドがなく、これをバランス伝送として2本のケーブルで送るとなると、グランドフローティング・バランス伝送となります。
一応、MCカートリッジの巻き始めをCOLD、巻き終わりをHOTに仮に決めているようです。

グランドのない伝送信号(フローティングバランス信号)は【図3】に示すように、MCトランスの1次側をフロート状態で受けて、MCトランスの2次側の片方をグランド接続すれば、アンバランス信号となって、バランス/アンバラ変換しつつ、MCカートリッジのバランス伝送が実現します。

【図3】MCカートリッジのバランス伝送に対応するMCトランス接続
【図3】MCカートリッジのバランス伝送に対応するMCトランス接続

特に問題はありません。音質劣化する要素は見当たらないです。

また、オーディオアクセサリー誌の中で、RCAケーブルのシールド側をCOLD側にしてバランス受けとすることもやってみて、可能でした。これなら、いちいち、フォノケーブルをXLRケーブルにすることなく、気楽にトライできますが、アンプ側のRCA端子のグランド側をアンプの信号系グランド側から浮かす(接続しない)ことが必要です。

前述のフローティングバランス信号をアンプで増幅する方法は、差動入力アンプを採用し、【図4】に示すような回路構成(一番、シンプルな回路)で可能です。もちろん、実用には、動作条件について検討が必要ですが、とりあえずの実験では可能なことを確認しました。

【図4】MCカートリッジのアンプをおこなう基本回路
【図4】MCカートリッジのアンプをおこなう基本回路

この回路例は、反転差動入力回路としてクロスフィードバックを掛ければ、グランドには関係なく増幅できます。

今回はとりあえず、動作確認を優先させて報告させていただきました。

前ページへ
ブログのホーム


Copyright © 2003-2020 ISHINO LAB. © 2003-2020 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Microsoft Edge