オーディオのイシノラボ・ドットネット オーディオ機器の通販・修理!

イシノラボ オーディオ関連商品通信販売(オリジナルオーディオアンプや、真空管・コンデンサなどのオーディオパーツ)

マスターズ オーディオを含むエレクトロニクス商品企画・開発・設計・製作・販売・コンサルティング・修理・サービス

ホーム  >  店長のブログ  >  MASTERS AU-880L
一言ご紹介
【MASTERSブランド】
CA-1000DC/AC
CA-1000DC/AC
バッテリー電源・AC電源切替可能!
バランス増幅プリアンプ!
人気記事リスト
  1. 最近修理したサンスイアンプについて
    2012年1月12日(木)
  2. すぐれたロータリースイッチの存在でMASTERSパッシブプリアンプが成立している
    2013年4月6日(土)
  3. トランス式アッテネータ・パッシブプリアンプ MASTERS ATT-900シリーズ
    2010年7月18日(日)
  4. 我が家のオーディオ装置から、やっといい音が出る!!
    2011年1月16日(日)
  5. バッテリー電源に使うバッテリーを充電するには!?
    2010年4月6日(火)
  6. 1978年製“サンスイ AU-707”の修理
    2016年10月16日(日)
  7. パッシブ・プリアンプで体験したこと
    2010年12月31日(金)
  8. 昨今のビンテージ真空管事情
    2011年11月19日(土)
  9. 弊社製品の安さの理由とオーディオ機器の価値
    2011年2月12日(土)
  10. NFBアンプを考えてみよう!
    2013年12月25日(水)
  11. オーディオを節電しつつ楽しむには
    2011年3月21日(月)
  12. カスタムアンプ“MASTERS CA-999FB/super A custom”のユーザー様からのレポート
    2011年6月4日(土)
  13. 評価の高いプリメインアンプ“MASTERS AU-880L”
    2011年6月26日(日)
  14. 新開発の真空管整流電源によるトランジスタ・フォノEQアンプ
    2012年1月19日(木)
  15. 究極のリアルサウンドが聴けるか!マスターズのパッシブ・プリアンプ
    2010年10月23日(土)
  16. 高能率スピーカに最適のアンプとは?
    2012年5月14日(月)
  17. 真空管パワーアンプ 6AS7Gppアンプ製作
    2010年7月8日(木)
  18. 新開発!Zバランス回路(Xバランス回路の改良版)!
    2012年8月12日(日)
  19. 日立(現ルネサス)高性能MOSFETによるZバランスアンプ
    2015年9月9日(水)
  20. “MASTERS BA-225FB/MOSy”誕生!
    2008年5月6日(火)
  21. ホーンシステム・ユーザーさんに有益な情報!
    2010年5月22日(土)
  22. 300Bを4本採用したフルバランス・プリアンプのカスタム製作
    2008年9月28日(日)
  23. 真空管アンプによるフルバランスシステム 試聴報告
    2008年10月7日(火)
  24. ビンテージ管45(直熱3極管)搭載プリアンプ“MASTERS CA-45S CUSTOM”の更なる改善
    2010年9月26日(日)
  25. バッテリードライブ・バランス増幅アンプ“MASTERS BA-225FB/MOSyFB”を製作中
    2010年8月18日(水)
  26. トランス式パッシブプリアンプ“MASERS CA-999FBS”を納入致しました!
    2011年9月7日(水)
  27. MCトランス“MASTERS MC-203”の優美なサウンド
    2013年7月3日(水)
  28. バッテリードライブ・MC用バランス増幅フォノイコライザーとバッテリードライブのこと
    2011年8月13日(土)
  29. MASTERS BA-225FB/MOSのバランス増幅
    2007年4月8日(日)
  30. 特注ミニパワーアンプ“MASTERS BA-350”製作
    2010年7月8日(木)
  カテゴリー ‘MASTERS AU-880L’ のアーカイブ
店長が日々感じたことを、オーディオエッセイ風に綴ります。開発日誌、コラムなど、様々な内容を情報発信しています。
前ページへ
ブログのホーム


プリメインアンプ“MASTERS AU-900L”のパフォーマンス

最近発売した、プリメインアンプ“MASTERS AU-900L/HP”,““MASTERS AU-900L”は、大好評をいただいている““MASTERS AU-880L”,““MASTERS AU-890L”の第3世代として、開発致しました。

パワーは(12W+12W)と十分なパワーを有しており、アンプ回路はインバーテッド増幅回路に磨きをかけております。具体的には、最適動作の検討結果、図に示すような極めて優れた電気的特性を得られています。

但し、使い方は、“ユーザーさんに少し時間をいただき、ゆったりとオーディオを楽しんでいただくことが重要”ということが、ひずみ特性グラフから読み取れると思います。

電源ON直後は、1KHzのひずみは極小で、極めて優れています。高域10kHzでは、安定動作のため、NFB量を減るように設計してあるので、0.05%程度となっています。この結果はオーディオアンプの常識から言えば、優れたものといえましょう。ところが、電源ON後、20分以降では、十分に回路が熱的均衡して、アイドリング電流が少し増加して、オープンループ特性が改善、安定し、1kHzに変わらない優れた低ひずみを示すことです。この成果がAU-900Lの優れたポイントです。無理にNFB量を増やして、NFBのデメリット(TIM歪等)が出てくるのを巧みに防いでおります。
具体的には、NFBを掛ける前のアンプ本来のオープンループ特性に、十分な発振マージンを取ってあります。

また、それだけでは、アンプの安定動作には充分ではありません。特に、半導体回路の入力回路(ベース,ゲート)には発振を生じる負性抵抗ができやすくなります。これは、エミッタ(ソース)フォロア一回路だけでなく、コレクタ(ドレイン)フォロアー回路でも発生します。負性抵抗による発振現象については、どのオーディオ回路書籍を見ても、ほとんど触れられていません。多くは、体験的に発振防止ノウハウとして、設計試作時に現場対応し、飛びつき発振,寄生発振防止ノウハウとして処理してしまいます。(発振検出に効果的なのはAMラジオ受信です。発振すれば、“ザー”ノイズとして、発振認識できます。)
その発振が超高域(100MHz以上とか)ですと、オシロスコープで観測できないときは、大メーカーの設計者、品質保証関係者でも見逃していることは少なくないでしょう。(特に、近年、普及してきたデジタルオシロは過渡現象の可視化には有効ですが、高周波領域の発振では、高周波数用オシロスコープのほうが見つけやすいです。高周波発振がありますと、オーディオ帯域の電気的特性は良好でも、聴いてみて、どこかぎこちなかったり、表情がうまくでなかったりすることが生じてしまいます。)

私が眺めたオーディオ書籍のなかで、唯一、負性抵抗による発振が触れられていたのが、尊敬する黒田徹さんの書籍でした(はじめてのトランジスタ回路設計:CQ出版)。
その解決方法で有効な方法は、負性抵抗を実抵抗で打ち消す(中和)することで安定動作になることを数式で示してありました。また、回路によっては、CR回路負荷によって改善できます。

以上のような配慮をおこなったAU-900Lは、極めてしなやかで表情豊かなサウンドを奏でてくれます。さらに、コンパクトで、価値感あるサイドウッドを排した素敵なデザインも魅力です。価格は6万円台とリーズナブルです。

さらに、すでに発売しているMASTERS定番アンプにも、当然、以上のような考慮を払っております。

MASTERS AU-900L ひずみ率特性(時間経過特性)
【MASTERS AU-900L ひずみ率特性(時間経過特性)】

前ページへ
ブログのホーム


Copyright © 2003-2020 ISHINO LAB. © 2003-2020 MASTERS All rights reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS!   Microsoft Internet Explorer  Google chrome  Microsoft Edge